MENU

あがり症からうつになる?あがり症を劇的に治す方法とは?

あがり症というのは重症でなければただの緊張状態が人よりも多いというだけですが、重度となればうつ病やその他の精神的な症状を併発してしまうこともあります。

 

ただしあがり症やうつというのは治せないものではないので正しい危険性のない方法で確実に治していってほしいと思います。

 

あがり症とうつ!あがり症で併発しやすい病気とは?

 

まずうつ以外にどのような病気を併発しやすいのかについて解説します。

 

社会不安障害(SAD)

 

不眠症

 

パニック障害

 

対人恐怖

 

強迫神経症

 

適用障害

 

などが代表的なものとなります。

 

いずれも現代ではストレス社会になったこともあるのか、多くの人が苦しむものとなります。

 

まとめれば

 

社会が怖い

 

人が怖い

 

何かの不安な心理状況が慢性的に存在する

 

というような状態となりやすいということです。

 

あがり症とうつは病気ではない理由

 

あがり症、うつ、その他の精神病となれば心療内科に通院する人もいますが、すべて病気ではないので根本的な改善はありません。

 

薬を処方されるのですが、薬がきいているときにしかあがり症その他の改善効果はなく、薬が切れればまた元の状態に戻ります。

 

また薬や心療内科の最大のデメリットというのは

 

副作用があること

 

自分であがり症を改善するチャンスを失ってしまうこと

 

です。

 

アルコール依存となってしまう人もいるわけですが、依存状態となり一生薬に頼らないといけないという人もいます。

 

このようにまでなれば本当にあがり症もうつも治すチャンスも能力も失ってしまいます。

 

あがり症、うつは病名といわれますが、実際のところ医学界や薬品業界の思惑も入っています。

 

精神的に困難な状況の出た人に病名をつける

 

通院率が上がるので医師も薬品会社も儲かる

 

というのが裏側にあるのでとりあえず病名をつけるというのが現代のトレンドでもあるのです。

 

あがり症やうつ病になる人の共通点

 

あがり症などになる人にはある共通点があります。

 

・敏感な人が多いこと

 

・真面目な人が多いこと

 

・純粋な人が多いこと

 

つまりあがり症などはなるきっかけとうのがあるわけですが、通常の鈍感な人だとスルーすることでも潜在意識に深く入り込むまで考えてしまったりするのが根本的な理由というわけです。

 

余計なことは考えない

 

余計なことは見ない、しない、触れない

 

というようにしていくと自然と人間にはあがり症、うつ病を治す自然治癒力を持っているわけです。

 

あがり症とうつを治す方法

 

あがり症、うつの人にはある共通点があります。

 

姿勢

 

使う言葉

 

自己暗示(アファメーション)

 

です。

 

潜在意識を書き換えてすぐにあがり症やうつを解消することはできませんが、これらであがり症やうつの特徴に該当してしまっている人はその該当している箇所をなくすことで潜在意識がうつやあがり症の症状やシグナルを次第に出さなくなります。

 

期間としては30日程度はかかるのですが、人格崩壊などの危険性なくあがり症やうつを解消したい人にはおすすめできます。

 

ただネット上で販売されているプログラムには危険なものもあり、このサイトでもいくつか紹介しているような心理学に沿った安全な理論を用いているもので潜在意識の書き換えはしていってほしいと思います。

 

あがり症を根本的に改善する方法


テレビでもおなじみの金井さんがあがり症改善プログラムをまとめました。


36年間で6万人以上のあがり症を改善してきたプログラムで定価は39800円ですが今だけ特別価格の19800円となっています。


心理学に沿ったもので、28日間で劇的にあがり症を改善する内容となっています。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)