MENU

あがり症でもできる仕事!あがり症でしてはいけない仕事

あがり症でも軽度であればまだしも、そうではない場合にはできる仕事にも制限が出てきます。

 

今回はあがり症でもできる仕事にはどのようなものがあるのかについて解説します。

 

あがり症と苦手な仕事内容

 

あがり症の場合には

 

・人と話すこと

 

・はじめての人と特に話す機会が多いこと

 

・プレゼンで大勢の人の前に立つこと

 

といった仕事内容は苦手な部類に入ってくるかと思います。

 

あがり症での適職といえばまず前提条件としてあまり人と話さないことというものが入ってくるといえます。
この観点から考えると

 

生産管理

 

工場勤務

 

製造業

 

ドライバー(タクシー、運送など)

 

清掃

 

ビルメンテナンス

 

マンション管理人

 

といったところがあがり症の適職の候補となってきます。

 

基本的にはすべて1人でコツコツと話すことなくやっていく仕事なのであがり症やコミュ症でも問題なくできる仕事となることが多いと思います。

 

あがり症でもできる仕事のデメリット

 

上のようにあがり症でもできる仕事というのはいくつかあるわけですが、デメリットとしては

 

給与が低め

 

社会的に高く評価される仕事でないものもある

 

ということです。

 

また機械化が進むことで将来的にその仕事自体が無くなる可能性がささやかれているものもあって、今は良いとしても先はどうなるのかは難しいところです。

 

あがり症であまりおすすめできない仕事とは?

 

あがり症でもできそうで実は難しい仕事になってくるのが

 

・事務職

 

・経理

 

・総務

 

です。

 

営業といえばコミュニケーションの連続で目指さない人は多いのですが、事務職は1人でコツコツできるものもたしかにありますが、基本は社内の同僚や顧客との話は日常的に出てくるのであまりおすすめできないと思います。

 

事務職の人がうつになる割合が高いこともその証拠の1つといって良いでしょう。

 

あがり症を改善、治す方法とは?

 

あがり症でできる仕事といえば上のようにある程度の制限は出てきます。

 

また上のような仕事であってもあがり症の程度によっては退職しなければいけないようなことも出てくることもあります。

 

どちらにしてもあがり症は改善しておくに越したことはありません。

 

もし日陰の人生でなく、日向で幸福で人並みな生活をしていきたいというような気持ちがあれば試してほしいことがあります。

 

あがり症というのは本質的な原因というのは潜在意識にあります。

 

あがり症となるきっかけがあり、潜在意識はそれを無意識的に記憶する

 

同じ条件の出来事が出てくれば潜在意識は意識にあがり症の原因となるシグナルを送る

 

意識は抵抗できずに緊張していく

 

というのがあがり症のメカニズムとなります。

 

つまり潜在意識のあがり症のきっかけとなった記憶を修正していくということが必要となります。

 

薬、サブリミナルなどいろいろな方法はありますが、副作用や人格崩壊の危険性があるので安全な方法を採用していきます。

 

姿勢

 

アファメーション(自己暗示)

 

記憶方法

 

使う言葉

 

この4つにはあがり症の人にある共通点があります。

 

つまり意識的にこの4つをあがり症に該当しないものに変更することで、潜在意識のあがり症の原因となる箇所が解消されていきます。

 

期間としては30日程度になりますが、潜在意識の箇所が修正されて意識にあがり症のシグナルを送らないようになっていきます。

 

このようにすればあがり症は安全に治していくことができます。

 

あがり症はネット上で怪しげなプログラムも販売されていますが、心理学に沿った正しい方法で行っていってください。

 

あがり症を根本的に改善する方法


テレビでもおなじみの金井さんがあがり症改善プログラムをまとめました。


36年間で6万人以上のあがり症を改善してきたプログラムで定価は39800円ですが今だけ特別価格の19800円となっています。


心理学に沿ったもので、28日間で劇的にあがり症を改善する内容となっています。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)