MENU

あがり症は治る?治らない?実際の治療現場からの報告

あがり症は治る、治らないというのは専門家でも意見の分かれるところとなっています。

 

あがり症というのは本質的に治らないというものではありませんが、効率の悪い方法であがり症を治そうとすれば挫折する人が非常に多いので治らないというのが実際のところとなっています。

あがり症の本当の原因と治るための方法

 

あがり症というのは過去にきっかけがあってなってしまう人が多いです。

 

かなり幼少期にそのきっかけがあることもありますし、無意識にあがり症がきつくなる人もいるのでほとんど自分で特定できないこともあります。

 

あがり症となるきっかけ

 

体験や経験

 

などは記憶として潜在意識に定着します。

 

同じような条件が揃えば、潜在意識は顕在意識にあがり症の原因となるシグナルを送り、意識は抵抗もできずにあがるようになってしまいます。

 

あがり症を治すには潜在意識からの根本的な治療をしていかないと治ることはありません。

 

心療内科への通院であがり症は治る?治らない?

 

現代では医学への信頼が大きいのでうつ病など精神的なことと同様にあがり症での心療内科への通院を行う人もいます。

 

しかし結論からいいますとあがり症は通院などでは治りません。

 

心療内科の薬はその効果のある間しか効かない

 

薬が切れればまたあがり症は出てくる

 

結果として残るのは薬の副作用だけ

 

というのが本当のところで一時的に薬の効果によって潜在意識などをマヒさせるだけなので、そのマヒが切れればあがり症は元に戻るようになっています。

 

あがり症が治らない!その本当の原因とは?

 

心療内科の薬以外でもあがり症を治す方法はいくつかあります。

 

サブリミナル

 

認知行動療法

 

アファメーション

 

など心理学に沿ったものもありますが、どれも効果が出てくるのが遅いので途中で効果を疑うようになり挫折してしまってあがり症が治らないという人が多いわけです。

 

特に認知行動療法では効果の実感まで何年もかかることもあり、その間は本人が非常に精神的にも厳しい努力をしなければいけません。

 

このようなあがり症の克服に失敗した人の意見もあって、あがり症は治らないというように言われてしまっているというのが実際のところです。

 

あがり症は治る!効果を実感して挫折しない改善方法

 

あがり症というのは挫折せずに、かつ正しい効果的な方法を継続できれば決して治らないものではありません。

 

上でもいいましたように潜在意識のあがり症を引き起こす部分の書き換えを行えれば良いわけですが、その方法というのはいくつかをミックスさせて平行して行っていく必要があります。

 

姿勢

 

使う言葉

 

記憶法

 

自己暗示(アファメーション)

 

あがり症の人にはこれらにある共通点があるのですが、その共通点を外して生活していくことで潜在意識に意識から働きかけて、その書き換えを行うことができるようになります。

 

アファメーションなどだけだと治るまでの期間が長くなると説明しましたが、すべてを同時にコツコツと行っていくと早ければ3週間程度で効果が実感できるようになる人もいます。

 

このように同時平行で改善プログラムを行っていくことであがり症改善の効果を実感していけるので、挫折しにくくなり治せるようになるというようになります。

 

ただしあがり症を治すプログラムでは危険なものもあり、中には人格崩壊さえも招くようなものもあります。

 

最先端の心理学にしっかりと沿ったプログラムのみを活用するようにしてほしいと思います。

 

当サイトでもいくつか信頼性のあるあがり症プログラムについて紹介していますが、よくわからないものについては安くても手は出さないほうが無難だと思います。

 

あがり症とともにもっとやっかいな精神疾患を抱えてしまうようにもなりかねないからです。

 

あがり症を根本的に改善する方法


テレビでもおなじみの金井さんがあがり症改善プログラムをまとめました。


36年間で6万人以上のあがり症を改善してきたプログラムで定価は39800円ですが今だけ特別価格の19800円となっています。


心理学に沿ったもので、28日間で劇的にあがり症を改善する内容となっています。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)