MENU

あがり症で頭が真っ白!4つの方法でサクッと改善

あがり症の人は

 

・プレゼン

 

・スピーチ

 

・人前に出るとき

 

など頭が真っ白になるということは経験している人は多いのではないかと思います。

 

何か覚えたことを話す、あるいはその場で考えて話すというときには頭が真っ白になることで言葉に詰まり、非常にいやな汗をかくということは珍しくありません。

 

結論からいいますとあがり症で頭が真っ白になるのはいくつかの原因があるわけですが、それを解消することでいいたいことをしっかりと話せるようになります。

 

あがり症で頭が真っ白になる理由

 

あがり症というのは人前などで極度の緊張状態になることで

 

・動悸が激しくなる

 

・頭が熱くなる

 

・血流が激しくなる

 

というような症状を感じるようになります。

 

他には大きなストレスを感じるという状況でもあって、記憶したことなどが正常に意識に上がってこなくなって記憶との連絡が正常に機能しないようになります。

 

その結果、

 

・話す用意をしていたことが思い出せない

 

・いつものように話せない

 

というような状況となります。

 

あがり症で特に頭が真っ白になりやすい人の共通点

 

あがり症の人でも頭が真っ白になってしまう人は記憶が苦手だったり、記憶方法が間違えているということが多いです。

 

・原稿を用意する

 

・何度も暗唱して覚えようとする

 

このような記憶法が多いのではないかと思いますが、この方法は記憶を本来機能のない左脳に無理矢理に入れ込もうとするものですし、ストレスに弱い記憶法となります。

 

そのため当日頭が真っ白になってしまって覚えたことが出てこないというようになります。

 

右脳に確実に記憶を入れる方法としては

 

イメージ記憶法

 

ペグ記憶法

 

という心理学に沿ったものがありますが、

 

原稿の文字をイメージに転換して丸ごと記憶してしまう

 

すでに記憶していること(友人の名前、駅名など)とリンクさせて記憶する

 

という内容となりますが、このような記憶法にすれば数ヶ月しても記憶したことは再現できるようになります。

 

頭が真っ白に!あがり症を根本的に改善する方法

 

記憶法によってあがり症を一定程度抑えるということは上のように可能ではありますが、そのほかにあがり症自体を克服するという方法もあります。

 

心療内科の薬

 

メンタルトレーニング

 

呼吸法

 

など方法はいくつかあるわけですが、副作用のリスクがあったり、またお金と時間が非常にかかるので挫折者が多いのでこれらはとてもおすすめできません。

 

あがり症の人には

 

姿勢

 

使う言葉

 

自己暗示(アファメーション)

 

に一定の共通点があります。

 

この共通点をなくした状態で生活をすることで、潜在意識のあがり症に関係する箇所の書き換えが行われるのですが、この方法だと人格障害や記憶の劣化、そして高額な費用負担といったことが起こりません。

 

この方法は最先端の心理学に沿ったものですが、安全性と費用の面では一番メリットのある方法だといえます。

 

あがり症のこの改善プログラムと記憶法を改善していくことで、かなりの人があがり症を克服できるようになるでしょう。

 

あがり症を根本的に改善する方法


テレビでもおなじみの金井さんがあがり症改善プログラムをまとめました。


36年間で6万人以上のあがり症を改善してきたプログラムで定価は39800円ですが今だけ特別価格の19800円となっています。


心理学に沿ったもので、28日間で劇的にあがり症を改善する内容となっています。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)