MENU

足の震え克服とあがり症!足の震えはなぜ生活をできなくする?

あがり症の症状の1つに足の震えがあります。

 

他の人に気づかれると印象が悪いという他に、この足の震えは将来的により大きな精神病を併発する可能性をも秘めています。

 

今回はあがり症での足の震えをどのようにすれば克服できるのかについて解説したいと思います。

 

あがり症で足の震えが出てくる原因

 

おそらくほとんどのあがり症の人は無意識に足の震えが出るような感覚ではないかと思います。

 

あがり症の条件がそろう

 

自然に足の震えが出てくる

 

というような感じなわけですが、あがり症のきっかけから分解しますと

 

あがり症のきっかけを経験する

 

潜在意識はそれを記憶する

 

同じ条件になれば潜在意識は意識にあがり症になるシグナルを送る

 

意識は抵抗もできずにあがる

 

というようなメカニズムとなります。

 

意識の力は潜在意識の1%もないわけで、到底抵抗もできません。

 

つまり意識があがるな、あがるなと念じてもあがり症を止めることは不可能というわけです。

 

あがり症の足の震えと危険な意識障害

 

あがり症の程度がきつくなければ、足の震えだけですむのですが、そのうちに別の精神障害と合併してきやすいとされています。

 

パニック障害

 

社会不安障害

 

うつ

 

といったように現代社会で次第に人数を増やしているこのような精神病につながる確率が高いということです。

 

どれにもいえますが、

 

仕事ができなくなる

 

外出もできなくなる

 

家族との同居もできなくなる

 

ということで健全な社会生活ができなくなる人が多いというようになります。

 

最悪のケースでは自殺へとつながるわけですが、足の震えの時点であがり症を本当は根本的に克服しておくほうが良いのです。

 

あがり症と足の震えを克服する方法

 

あがり症、あるいはそこから出てくる足の震えというのは上のように潜在意識の記憶からくるものです。

 

つまりその潜在意識の箇所の変更をしなければ克服はできないわけですが、

 

心療内科の薬

 

メンタルトレーニング

 

認知行動療法

 

などでは克服はできない、あるいは非常に時間がかかるので失敗する確率が非常に高くなります。

 

特に薬でのあがり症の克服は、薬が切れれば効果はなくなるんで一時的ですし、同時に副作用の危険性もあります。

 

あがり症の克服では、あがり症の人の共通点からはじめます。

 

姿勢

 

使う言葉

 

記憶法

 

自己暗示(アファメーション)

 

あがり症の人についてはこの4つに共通点があるわけですが、その該当する共通点をなくいた状態で生活をしていきます。

 

こうすることで潜在意識のあがり症の箇所を変更していくことができ、条件がそろったシーンでもあがり症のシグナルは出てこないようになります。

 

期間としては早い人だと30日程度になりますが、副作用や記憶の混乱などのデメリットがない唯一の方法といえます。

 

ただし現在はいろいろなプログラムも乱立していて、中には怪しげなものもあります。

 

そのため

 

心理学に沿っているかどうか?

 

最先端の心理学の研究も含まれているか?

 

というところはチェックするべきで、その上でプログラムを決めていくことが安全性につながります。

 

この下のほうでも安全性に注意して選んだプログラムを紹介していますが、プログラムに危険性のあるものはたとえ安くても使用しないようにしていってほしいと思います。

 

あがり症を根本的に改善する方法


テレビでもおなじみの金井さんがあがり症改善プログラムをまとめました。


36年間で6万人以上のあがり症を改善してきたプログラムで定価は39800円ですが今だけ特別価格の19800円となっています。


心理学に沿ったもので、28日間で劇的にあがり症を改善する内容となっています。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)