MENU

あがり症で口下手!本質的な原因を解消し最速で話上手になる方法

あがり症の人には口下手の症状もあるという人は多いかと思います。

 

口下手となれば

 

・スピーチ

 

・プレゼン

 

・営業

 

・朝礼

 

など私生活、仕事の幅広い範囲で影響も出てきますし、仕事への影響としては出世にも悪影響が出てくることで生涯賃金が下がるというようなデータもあります。

 

あがり症や口下手というのは実は簡単に治す方法があるのですが、薬など副作用のあるものに頼らずに改善する方法について解説したいと思います。

 

あがり症と口下手の本当の原因

 

あがり症や口下手も

 

・頭の回転の速さ

 

・遺伝

 

・慣れ

 

というように先天的なもの、あるいは後天的なものが原因というように考えている人は多いかもしれません。

 

たしかにそのようなところも影響はしてきますが、本質的にはテクニックに原因があります。

 

特にプレゼンなどでよくあるのは記憶法の間違いです。

 

口下手な人というのは

 

記憶法が間違えていて当日余裕がなく再現できない

 

余裕がないのでアドリブもきかない

 

余裕がないのでジェスチャーなどもできず説得力がない

 

そのため成約率が低くなる

 

というような悪循環になってしまうことが多いです。

 

営業の商談なども頭の回転でなくある程度記憶の定着度と、それを再現する能力に依存してきます。

 

記憶というのは俗にいわれる頭の良さのことであり、この記憶がしっかりと素早く正確にできればあがり症も出てこなくなり人もいますし、口下手と思わなくもなるわけです。

 

これを達成できれば自信につながり、性格もポジティブで良い意味で変わることもあります。

 

あがり症、口下手と早口

 

あがり症、口下手な人は無意識に早口になったりすることもありますが、

 

覚えていることを早く話さないといけない

 

うまく話さないといけない

 

など変な力みが早口にさせているということは多いです。

 

ジェスチャーの件もそうですが、早口だと言葉に重みがないのでやはり説得力に欠けるようになり成績が上がらないというようになりがちです。

 

あがり症、口下手は慣れで解消?

 

上のほうに慣れも重要と記載しましたが、実は場数を踏むことであがり症や口下手がひどくなる人もいます。

 

あがってしまう、話せない記憶が余計に定着する

 

潜在意識に苦手意識が余計に強く刻印される

 

ということで逆に苦手になる人もいるわけです。

 

あがり症、口下手では場数を踏むことでうまくなる人もいますが、より後述するように効率よく改善に取り組んだほうが良い人もいます。

 

あがり症、口下手な人のよくある間違いな記憶法

 

あがり症、口下手な人がよくやってしまっている記憶法に

 

原稿を用意したり、話すことをあらかじめ用意する

 

暗唱したり、イメージトレーニングで何度も覚えようとする

 

というものがあります。

 

しかしこの暗唱という方法は本来記憶力の機能が少ない左脳に強引に記憶させようとするものであり、効率は悪いですし、かつストレスに弱い記憶となります。

 

そのため当日プレッシャーのかかったシーンで記憶が引き出せずに口下手になったり、頭が真っ白になったりというようになってしまうわけです。

 

あがり症、口下手な人が行うべき効率的な記憶法

 

では1000文字程度を数分で記憶する方法にはどのような方法があるでしょうか?

 

要するに右脳に記憶を入れれば良いわけですが、最先端の心理学は

 

イメージ記憶法 文字をイメージに転換して丸ごと記憶する

 

ペグ記憶法   すでに記憶しているものとリンクさせて記憶する

 

という方法を推奨しています。

 

数分という短期間でプレゼンの内容をすべて記憶できますし、最大のメリットは記憶の再現力です。

 

当日は原稿を見ながら話すような感覚となりますし、数ヶ月してもその記憶を再現することも簡単にできるようになります。

 

あがり症を根本的に改善する方法


テレビでもおなじみの金井さんがあがり症改善プログラムをまとめました。


36年間で6万人以上のあがり症を改善してきたプログラムで定価は39800円ですが今だけ特別価格の19800円となっています。


心理学に沿ったもので、28日間で劇的にあがり症を改善する内容となっています。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)