MENU

え?あがり症に話し方教室は効果なし?その本当の理由とは?

あがり症の人で話し方教室に通うということを考える人も意外と多いのではないかと思います。

 

話し方教室にあがり症で実際に通っているという人は何人か知っていますが、結論からいいますとあまり効果はないといって良いです。

 

しかもデメリットも多いので、今後話し方教室に通うことを検討している場合にはこのページの内容を知った上で検討していってほしいと思います。

 

話し方教室であがり症は治るのか?

 

話し方教室というのは漠然としていて何を教えてもらえるのかよくわからないという人は多いのではないでしょうか?

 

スクールによってその学習内容には多少の違いはありますが、

 

話し方の座学

 

スピーチの実習

 

1対1などのコミュニケーション実習

 

その他話し方のテクニック

 

といったものとなります。

 

こうしてみますとテクニックの伝授、実践というのがその主な内容となりますが、そもそもあがり症では場数を踏むことで改善されるというものでもないのでかえって人前に苦手意識を強めてしまうという人もいます。

 

あがり症での話し方教室の費用

 

見学会も用意しているところは多いのですが、

 

入会金

 

月謝

 

と費用は主にこの2本立てとなります。

 

入会金はキャンペーンを適用すれば無料のところもありますが、問題は月謝です。

 

この金額もさまざまですが、相場としては2万前後となります。

 

話し方教室では2ヶ月で効果が出るというようにいっているところもありますが、実際にはもう少しかかるので半年としても10万を超えてくることがわかります。

 

あがり症で話し方教室に通うと挫折する理由

 

話し方教室のもう1つのデメリットは通学時間です。

 

仕事が終わって通う人が多いわけですが、仕事で疲れていてその上で通学しますし、帰りは深夜になってしまいます。

 

話し方教室に通う時間が大変

 

費用もかかる

 

効果が感じられない

 

というような悪循環にはまったときには挫折する人が多いのも理解できるかと思います。

 

話し方教室であがり症が治らない理由

 

話し方教室は表面的なテクニックを教えるところなので、どちらかといえばあがり症でない人がスピーチの仕事のためにテクニックを学ぶところと考えて良いです。

 

あがり症というのはテクニックでなく根本的なところから解決しなければ症状をなくすことはできません。

 

あがり症になる、症状が出てくるメカニズムというのは

 

あがり症のきっかけとなる出来事がある

 

潜在意識はそれを記憶する

 

きっかけと同じような条件のことが出てくれば潜在意識はあがり症のシグナルを意識に送る

 

意識は抵抗もできずにあがる

 

というようなサイクルが自動的に起ります。

 

つまり話し方教室で意識上のテクニックをいくら聞いても、潜在意識が先に反応してしまうので効果がないということになるわけです。

 

あがり症対策は潜在意識の一部分を修正しなければ効果はありません。

 

あがり症の人にはある共通点があります。

 

姿勢

 

使う言葉

 

記憶法

 

自己暗示(アファメーション)

 

の4つですが、これを少しの間該当しないように生活します。

 

これによって潜在意識の該当箇所の書き換えが起こり、あがり症のシグナルが意識に出てこなくなります。

 

こうしてあがり症を潜在意識から治すことができるようになるわけですが、この手のプログラムはいくつか発売されていますが、最新の心理学に沿ったものを購入するのが無難です。

 

中には素人が作っている危険なものもあり、人格障害が出るものもあります。

 

この下のほうでも安全と確認できるものを紹介していますが、知識のない人が作成したプログラムでないかは確認して使用してほしいと思います。

 

あがり症を根本的に改善する方法


テレビでもおなじみの金井さんがあがり症改善プログラムをまとめました。


36年間で6万人以上のあがり症を改善してきたプログラムで定価は39800円ですが今だけ特別価格の19800円となっています。


心理学に沿ったもので、28日間で劇的にあがり症を改善する内容となっています。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)