MENU

あがり症の治療法!たった1つの安全な治療法とは?

あがり症の人にとって仕事、日常生活に支障が出ているような場合には治療したいと思うものです。

 

実際にあがり症を治療した後には今までに感じたことのないような自信や解放感を感じるものですが、かなり多くの人があがり症について間違えた治療法を行っています。

 

あがり症の治療では副作用のあるような危険なものもあるので、このページの内容を踏まえて安全な治療法について考えてみてほしいと思います。

 

あがり症の治療 病院、薬での治療は危険

 

あがり症の治療ということでまず出てくるのが

 

心療内科への通院、薬の服用

 

市販薬の服用

 

です。

 

薬というのは傷のようなものなどには良いのですが、精神疾患ではただ一時的に脳機能をマヒさせてあがり症を出なくするものにすぎません。

 

そのため

 

薬が切れればまた元のようにあがり症が出る

 

薬の服用によって副作用がある

 

ということでただのあがり症のごまかしといえます。

 

根本的に治療するものでないですし、副作用や費用のリスクを考えれば効果のない治療法といえます。

 

あがり症を離し方教室で治療できる?

 

次に出てきやすいのが話し方教室、メンタルトレーニングです。

 

これらはあがり症の人がやることは多いのですが、意識の根深いところに本当の原因があるあがり症で話し方などのテクニック論は通用しません。

 

何人かの受講生の話は聞いていますが、ほぼ効果がないというような意見が多いです。

 

あがり症を催眠療法、認知行動療法で治療できる?

 

医学と隣接した治療法として

 

催眠療法

 

認知行動療法

 

とがあります。

 

学問的な名称で効果を感じる人も多いのですが、デメリットがいくつかあります。

 

治療期間が1年以上もかかることもある

 

その間の治療費用はかなり高くなる

 

自動的に治療できるのでなく本人の精神的努力が相当必要

 

という側面があり挫折する人が多いのです。

 

あがり症の治療方法としては間違いではありませんが、非効率という意味であまりおすすめできません。

 

あがり症を練習、慣れで自己治療できる?

 

あがり症は慣れ、練習、場数という意見もあります。

 

あがり症の人でこの方法でもうまくいく人も少数いますが、逆効果となる人も多いのが実際です。

 

あがり症を治療しないままプレゼンなどを繰り返す

 

毎回のようにあがり、その記憶が余計に潜在意識に蓄積する

 

苦手意識が余計に強くなる

 

ということであがり症が次第にひどくなる人もいます。

 

あがり症というのは力任せで治療していくのでなく、科学的に、合理的にやっていくべきといえるでしょう。

 

あがり症を最速で治療する方法

 

あがり症を治療するにはその原因を正確に把握し、そこにコミットする治療法を採用しなければ意味はありません。

 

それどころか上にも説明しましたように副作用だったり、危険性さえもあるといえます。

 

あがり症のメカニズムというのは

 

あがり症のきっかけを無意識に経験してしまう

 

潜在意識はそれを記憶する

 

同じ条件の出来事があれば潜在意識はあがり症の原因となるシグナルを意識に押し出してくる

 

意識は抵抗もできずに緊張状態に入ってしまう

 

というようになっています。

 

つまり本質的にあがり症の原因というのは潜在意識の反応やシグナルにあるわけで、これを出ないようにしなければ意識上で小細工をしても無意味なわけです。

 

あがり症の人には姿勢、使う言葉、自己暗示(アファメーション)、記憶法にある共通点があります。

 

この共通点を外した状態で生活をしていくことで潜在意識のあがり症の刻印を弱くし、また消していくことができます。

 

早い人でも30日と結果が出るまでに時間はかかるのですが、安全に心理学に沿った治療法といえます。

 

ただし発売されていても危険なプログラムもあるので、心理学に沿った安全なものを活用するようにしてください。

 

あがり症を根本的に改善する方法


テレビでもおなじみの金井さんがあがり症改善プログラムをまとめました。


36年間で6万人以上のあがり症を改善してきたプログラムで定価は39800円ですが今だけ特別価格の19800円となっています。


心理学に沿ったもので、28日間で劇的にあがり症を改善する内容となっています。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)