MENU

男性のあがり症の3つのデメリット!人生が狂う本当の理由

あがり症は男女の性別に関係なくかかることがあるわけですが、人生への影響という意味ではある意味で男性のほうが大きいといって良いでしょう。

 

仕事であがり症のデメリットを感じる回数や頻度が多いわけで、その分生涯賃金に影響してくることもあります。

 

男性の場合のあがり症では早めになるべく楽に治せるうちに対処したほうが良いといえます。

 

男性のあがり症での人生への影響

 

あがり症をよく仕事上で感じてしまうという場合は多いかもしれません。

 

・朝礼

 

・発表

 

・プレゼン

 

・会議

 

・スピーチ

 

などあがり症でもきつい人は特に支障を感じることが多いといえます。

 

どの仕事でも人と対面しなければいけないことはありますし、特に営業など人と折衝することがメインの仕事では成績にかなり影響してくるのがあがり症です。

 

あがり症の人は仕事でうまくできないこともあるということで年収が低い人が多く、かつ生涯賃金も低くなりがちです。

 

成績が上がらない

 

出世に影響してくる

 

上司や会社からあまり評価されない

 

というようなことが多いのがその原因です。

 

ただあがり症というのは後述しますように絶対に改善できないということもありませんし、なるべく早い時期に改善することで会社からの評価を回復することもできます。

 

あがり症の男性と結婚

 

仕事への影響だけでなく、あがり症の男性は未婚率も高いとされています。

 

おそらくコミュニケーション能力が欠如しやすい状況にあるというのがその理由だと思いますが、未婚率とともに彼女のいない人も多いのが実際のところです。

 

中年になってきて体が思うように動かない時期になり、あがり症で不当に一生が短くなるというような人生もあります。

 

あがり症で未婚になってしまう

 

親などが死に非常に孤独な人生となる

 

誰も真剣に自分のことを考えてくれなくなり、社会に不満を持つようになりがち

 

悩むも共有できる人もいないので常に人をどこかで羨ましいと思うようになる

 

といった後半の人生となりやすいのもあがり症の男性の大きな特徴となります。

 

未婚率があがり症の男性に高いのは、上でも説明しましたように収入が低い人が多くなりがちというところも影響しているとされています。

 

あがり症の男性と危険なあがり症の改善

 

あがり症というのはよくある間違いな改善方法というものがあります。

 

心療内科の薬

 

催眠療法

 

認知行動療法

 

最もよくやってしまうのが薬ですが、あがり症には薬はありません。

 

ただ一時的にあがり症の症状を出ないように意識をマヒさせる効果しかありませんので、意味はありません。

 

それどころか薬によって副作用のリスクもあります。

 

また催眠療法などは潜在意識を強制的に書き替えするので記憶や人格に矛盾が出るようになることもあり、悪くいくと別の精神疾患になってしまう可能性もあります。

 

あがり症というのは根本的な原因というのは潜在意識にあります。

 

あがり症のきっかけとなる出来事を経験する

 

潜在意識はそれを記憶する

 

同じ条件の出来事があれば潜在意識はあがり症の原因となるシグナルを意識にひたすら送る

 

意識は抵抗もできずに緊張状態になる

 

というのは本当のメカニズムといえます。

 

つまりあがり症の原因となる箇所の潜在意識を書き換えしなければいけないということがいえます。

 

この潜在意識の変更は最新の心理学を使って行うのですが、早い人で30日間程度の期間はかかります。

 

しかし薬のような副作用はありませんので、リスクはありません。

 

あがり症のプログラムは危険なものもいくつかあるので、心理学に沿ったもので潜在意識を変更して改善するようにしていきましょう。

 

あがり症を根本的に改善する方法


テレビでもおなじみの金井さんがあがり症改善プログラムをまとめました。


36年間で6万人以上のあがり症を改善してきたプログラムで定価は39800円ですが今だけ特別価格の19800円となっています。


心理学に沿ったもので、28日間で劇的にあがり症を改善する内容となっています。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)