MENU

50代のあがり症!50代でやってはいけないあがり症改善方法

50代の人であがり症がある場合には小さなころからあがり症ということもあれば、10年ほど前からきっかけがあってあがり症になったというようなケースに分かれます。

 

あがり症でも程度によって仕事に影響してくることもあって、仕事を失うこともあります。

 

50代での再就職や転職はなかなか厳しいこともあるので、正しい方法で適切にあがり症を改善していくようにしましょう。

 

50代であがり症でもできる仕事とは?

 

別のページにも記載しましたがあがり症ではできる仕事も限られてきます。

 

・営業

 

・接客

 

・事務職

 

・経理

 

などは頻繁に顧客や社内の人などとコミュニケーションをしていく必要があるのであがり症では厳しいと思います。

 

あがり症でもできる仕事といえば

 

生産管理

 

工場勤務

 

製造業

 

清掃業

 

といったようにあまり人と話さなくても良い仕事といって良いでしょう。

 

50代のあがり症と解雇

 

法律的に解雇というのは簡単にはできないようになっていますが、あがり症の人だと解雇にあったということもあるのではないでしょうか?

 

生産管理などは人と話す必要はあまりありませんが、あがり症でパニックになったり、激しい動悸にさいなまれているようなことが会社にバレれば解雇されることもありえます。

 

まだまだ精神疾患について日本社会は理解がないので、あがり症を公表して採用されたり、仕事をセーブしたような状態で勤務させてくれるところのほうが少ないといえるでしょう。

 

50代のあがり症と危険な治療方法

 

50代のあがり症の人の相談内容は切羽詰まったものが多いです。

 

仕事を続けられない

 

生活が苦しくなる

 

というようなものですが、このような状況でまず出てきやすいのが心療内科の薬による治療です。
たしかに服用するだけであがり症がなくなれば簡単で良いのですが、実際はそのようなことはありません。

 

薬の効果があるときにだけあがり症は出ない

 

薬が切れればあがり症は元のように出る

 

副作用のリスクと、高額な治療費だけが残る

 

というようにあがり症の一時的なごまかしなため効果のない人が非常に多いのです。

 

あがり症は怪我のように薬で治るものではないので、精神的な原因を根本的に解決していく必要があります。

 

50代のあがり症と最速で安全な改善方法

 

50代のあがり症というのはあまり時間を治療にかけられないという場合が多いと思いますし、危険な手法を使ってしまうと人格に致命的な影響も出ることもあります。

 

ですので心理学に沿ってあがり症の原因を的確に解消していく方法をとっていきましょう。

 

あがり症というのは

 

あがり症のきっかけとなる出来事を経験してしまう

 

潜在意識はそれを記憶する

 

同じ条件の出来事があれば潜在意識は意識にあがり症の原因となるシグナルを送る

 

意識は抵抗もできずにあがる

 

というようなメカニズムとなっています。

 

潜在意識とは記憶機能を意識の100倍以上も持っている組織で、意識がどれほど力んでも変更することはできません。

 

ただし潜在意識というのは論理的に機械のように反応するので、それを逆に利用することで好ましい潜在意識の形成を目指します。

 

姿勢

 

使う言葉

 

呼吸

 

自己暗示(アファメーション)

 

記憶法

 

というところが潜在意識へのシグナルとして正すべきことで、最新の心理学ではあがり症の人にはこれらにある共通点があることがわかっています。

 

その共通点を外して生活していくことで早い人だと30日程度であがり症改善を感じるようになるでしょう。

 

あがり症は心療内科の薬でなく、安全に心理学に沿って改善していくようにしていきましょう。

 

あがり症を根本的に改善する方法


テレビでもおなじみの金井さんがあがり症改善プログラムをまとめました。


36年間で6万人以上のあがり症を改善してきたプログラムで定価は39800円ですが今だけ特別価格の19800円となっています。


心理学に沿ったもので、28日間で劇的にあがり症を改善する内容となっています。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)