MENU

あがり症に効く7つのおまじない!神道のおまじないも解説

あがり症に効くおまじないというのは聞いたことのある人は多いのではないでしょうか?

 

おまじないといえば迷信のように感じるかもしれませんが、神道や道教では長く伝承されてきた内容のものが多いです。

 

おまじないに効果がなければ途中で消えるはずですが、消えないおまじないには一定の効果のあるものもあります。

 

あがり症のおまじない 文字を利用する方法

 

最も有名なあがり症対策のおまじないといっても良い方法です。

 

手のひらに人という文字を書いて、それを飲み込む

 

3回それを繰り返す

 

ただしこのおまじないは誰にも見られてはいけない

 

このおまじないはトイレの個室などに入って行い、誰にも見られないようにしなければいけません。
見られてしまうと効果はなくなります。

 

あがり症のおまじない 親指を引っ張る

 

両手の親指を6回ずつ引っ張ります。

 

このおまじないについては注意事項がないので誰かに見られてもかまいません。

 

あがり症のおまじない 両手を開閉する

 

ピアノ、バイオリンなどの演奏会でしている人の多いおまじないですが、

 

両手を開く

 

両手を閉じる

 

を何度も繰り返すというおまじないがあります。

 

後述しますように薬指などにはリラックスに関係する神経が通っていて、手を開閉することで緊張状態が緩和されるようになります。

 

あがり症のおまじない 視点を変える

 

これも誰かに見られると変に思われてしまうので場所とタイミングに注意です。

 

両足を少し広げる

 

首を下げていく

 

両足の間から後ろの景色を見る

 

これをしばらくすれば緊張状態が和らいでくるのがわかるはずです。

 

あがり症のおまじない 感謝する

 

あがり症の人は潜在意識に人前などが苦手ということが刻印されていますが、これを緩和する方法もあります。

 

あがり症になりそうなことを口にする

 

ありがとう、愛してます、許してくださいと唱える

 

たとえばスピーチがあるときには、

 

スピーチが苦手な私

 

その後、ありがとう、愛してます、許してくださいと唱える

 

というように何回も行います。

 

回数が多いほど効果は出ますが、当日よりも前の日にやっておくと良いでしょう。

 

あがり症のおまじない 胸に円を描く

 

この方法も効果があります。

 

胸に外側から中心に向かって渦巻き状に円を描く

 

その後、深呼吸をする

 

これを3セット行います。

 

胸には感情中枢がありますが、そこを緩和するおまじないとなります。

 

あがり症のおまじない 直前に行うおまじない

 

左手の薬指には緊張やリラックスに関係する神経が細かく非常に多く通っています。

 

この左手薬指をもんだりして刺激を与えます。

 

この方法で脳内にリラックス状態が出てくるようになります。

 

あがり症の本当の原因と治す方法

 

あがり症というのは心療内科に通院して薬を服用しても治りません。

 

薬の効果があるときにだけ一時的にあがり症が出ない

 

薬が切れればまた元のようにあがり症が出る

 

服用することで副作用のリスクがある

 

ということで費用をかけてもごまかすだけの効果しかないということです。

 

あがり症の本質的な原因というのは潜在意識にありますが、意識に特定の条件に該当する出来事があればあがるシグナルを送ってくるわけです。

 

そのシグナルが出ないようにすれば良いわけで、最新の心理学ではこのシグナルをストップする方法が開発されています。

 

心療内科やサブリミナル効果よりもはるかに安く自宅であがり症を治せるものもあるので根本的におまじないを毎回しなくても良いようにするには実践していってほしいと思います。

 

あがり症を放置しておくと

 

社会不安障害

 

パニック障害

 

うつ病

 

を併発してしまうのでなるべく早く根本的に改善するようにしましょう。

 

あがり症を根本的に改善する方法


テレビでもおなじみの金井さんがあがり症改善プログラムをまとめました。


36年間で6万人以上のあがり症を改善してきたプログラムで定価は39800円ですが今だけ特別価格の19800円となっています。


心理学に沿ったもので、28日間で劇的にあがり症を改善する内容となっています。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)