MENU

自己紹介であがり症!3年後にあなたを待つ運命とは?

通常の人にとっては何でもない自己紹介でもあがり症の人にとっては一苦労ではないでしょうか?

 

自己紹介でもあがり症を発症してしまう場合にはあがり症はかなりきつめな人が多いといえます。

 

適切に正しい方法であがり症は改善していくようにしましょう。

 

自己紹介とあがり症の症状

 

自己紹介のときに

 

頭が真っ白になる

 

手や足が震える

 

途中で何を話しているのかわからなくなる

 

声が震える

 

というのがその主な症状といえます。

 

おそらく自己紹介をしなければいけないというときに何度となく練習してきたかと思いますが、練習が本番でまったく生かされずに毎回のように緊張状態になってしまうということが多いのではないかと思います。

 

自己紹介のあがり症は練習や場数では改善されない理由

 

あがり症の人にとっては

 

場数

 

練習

 

というのが最大の克服方法だと考えている人は多いかもしれませんが、ほとんど効果がないかと思います。

 

これは当然のことであがり症の人は潜在意識の形成が通常の人と違っているので、その根本的な原因の解消もなく場数を踏むことでかえってあがり症がきつくなっているからです。

 

あがり症のまま場数だけ踏む

 

緊張状態になった回数が余計に増える

 

潜在意識はそれを記憶し、ますますあがり症の刻印を強める

 

というようになります。

 

あがり症が改善されていないうちに無駄に場数を踏むのは逆効果になることが多いので、あまり無理をしないほうが良いといえます。

 

自己紹介であがり症が出る人が絶対にしてはいけない改善方法

 

あがり症の人が最もやる改善方法は心療内科に通院すること、そしてその処方される薬を服用することです。

 

しかし自己紹介であがり症が出る人はまずやるべきではなく、非常に危険な改善方法となります。

 

薬が効いている間だけあがり症は出なくなる

 

薬が切れれば元のようにあがり症が出る

 

薬によって副作用がある

 

ということで効果が一時的で、リスクのある方法だからです。

 

自己紹介でのあがり症とその後の人生の傾向

 

あがり症は放置していく人もいるわけですが、数年すれば別の精神疾患を併発してしまうことも多いです。

 

うつ病

 

パニック障害

 

社会不安障害

 

これらの精神疾患にもり患してしまうと仕事はできなくなることもありますし、家族との生活もうまくいかないようになるということもあります。

 

自己紹介でもあがり症が出る人は状態が悪いほうなので、いつこのような精神疾患になってしまうかもしれません。

 

あがり症の改善方法

 

あがり症の原因というのは潜在意識にあり、ここが通常の人と形成に違いがあるだけです。

 

あがり症のきっかけとなる出来事を経験する

 

潜在意識がそれを記憶する

 

同じ条件の出来事があれば潜在意識は意識にあがり症の原因となるシグナルを送る

 

意識は抵抗もできずにあがり症を発症する

 

というのがそのメカニズムです。

 

スピーチ、プレゼン、人前、人の視線などに必要以上に敏感となり、過敏となった箇所があるのがその原因です。

 

これは最新の心理学において改善方法がすでに開発されていますので、潜在意識の書き換えによって根本的にあがり症を改善していってほしいと思います。

 

サブリミナル効果、NLP(催眠療法)など心理学的ではあるものの洗脳など危険要素のあるものは避けていくようにしましょう。

 

あがり症を根本的に改善する方法


テレビでもおなじみの金井さんがあがり症改善プログラムをまとめました。


36年間で6万人以上のあがり症を改善してきたプログラムで定価は39800円ですが今だけ特別価格の19800円となっています。


心理学に沿ったもので、28日間で劇的にあがり症を改善する内容となっています。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)